ブラックキャップが効かない。ゴキブリの効果的な退治法現在のアパートに引っ…

ブラックキャップが効かない。ゴキブリの効果的な退治法

現在のアパートに引っ越してきて四年目です
1年目にゴキブリ(黒い大きいやつ)が大量に出たのでブラックキャップを使い出し、2年

目3年目は一度も遭遇する事なく過ごせたのですが、2月下旬からブラックキャップを設置したものの今年に入ってすでに3匹遭遇しています。

土地柄野良ゴキがとても多いので入ってきてしまっているのもあると思うのですが…。
ブラックキャップと併用して効果的な対策を教えて頂きたいです。
よろしくお願いいたします

■対策は除湿です。ゴキちゃんは湿気に引かれて来訪されます。
たまにエアコン全開で除湿してください。設定温度は17°位にして30分から1時間やってください。1日数回でOKです。窓は開けません。
エアコンがないところでは、除湿機でOK。
エアコンは強力な除湿機でもあります。エアコンがあれば除湿機はいりません。
ただし、温度設定が20℃以上なんて状態ではまともに除湿はできません。


夏になると、ごきぶりに悩ませられますね。
出て行っていただくには、乾燥させてやるしかありません。
昔、家を締め切っていたら、ごきぶりや、なんと「あり」までが出てきて困りました。

【対策】
そこで!!! 除湿機を動かし続けたところ、ごきぶりやありがまったく出てこなくなりました。

乾燥させておくと、虫がよりつきません。

乾燥させることです。窓は開けてはいけない。

エアコンがあれば、ときどきうごかし、扇風機などで台所に乾燥気を導くのです。
これは根本的対策です。
窓は開けません。

私の家では、それ以来、彼らをみたこともないですよ(^^

■ とにかく乾燥が決めてです。窓を開ける、などはどうでもいい。乾燥させればいいのです。
湿っているとき、窓など開けても、かえって逆効果。
とにかく、乾燥させることです。
湿気の多いときには、窓はあけないようにする。除湿する、です。

このことを実行して、14年になりますが、彼(ゴキちゃん)を見たのは、一回だけです。
アパートの廊下では、うろうろしていますが、入ってこないのです。

■バルサンなどは、どこからか入ってくるゴキブリの対策にはなりませんよ

■設定温度は16℃にしてとにかく1時間ぐらいやる。そして止めて数時間。これを繰り返します。25℃ではだめですよ。
ガーっとやる。間欠強力除湿。寒くなったら止める。この繰り返しです。除湿機も援護。

■これは、私が実際にやって効果があったことです

■各部屋だけ除湿してもだめで、廊下やふろ、トイレ、クローゼット、台所のクローゼットなど除湿しないといけません。へやが乾燥していても、廊下が湿気ていればそこに出てきます。

私はあらゆるドアを開け放ち、やります。このとき扇風機が役に立ちます。これでエアコン、除湿機のないところに導きます。

エアコンは16℃設定で、送風は最強にしてください。それをたまにやるだけでいい。除湿機も1時間を3回くらいでいい。
エアコンは強力な除湿機でもあります。温度を下げることより、除湿がじゅうようです。設定を16℃にすることは、除湿を強力にすることが目的です。温度が高くても乾燥していれば、ゴキちゃんはでてきません。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

薬剤抵抗性ゴキブリに効くブラックキャップなのですが、食い飽き減少も考えられます。

ホウ酸ダンゴ系とのローテーションをお試し下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です